女性はヒゲが好き

女性はヒゲが好き

ヒゲが好きな女性がこの世のどこにいるでしょうか?
女性のヒゲが好きな男性がこの世のどこにいるでしょうか?

 

身体としては必要だから生やしてくれていますが、男女ともに女性のヒゲを好きという人はいません。嫌われています。
だから処理するしかありません。

 

女性は過度のストレスや喫煙、アルコールなどで、ホルモンバランスが崩れると、もともとある少量の男性ホルモンが優位となります。
いままでうっすら生えていた産毛がヒゲのように濃くなったり、産毛を剃っても青くなるぐらいまで濃くなったりするそうです。
では、濃くなってしまったヒゲ薄くするにはどうしたらいいのでしょうか?
もちろんはぎとってしまうのが一番です。
永久脱毛してしまえば、もう生えてくる可能性はゼロではありませんが、次に最悪生えてきても、気にする年齢ではないかも知れません。
でもそうするにはリスクもあればコストもかかり、時間も必要です。

 

全員ができたらいいのですが、そういうわけにもいかずに定期的に電気シェーバーで剃っている人や、時々濃い産毛を毛抜きで抜いている人もいるでしょう。

 

他のヒゲを薄くする方法、それは普通の生活なのです。
顔にヒゲ生える原因はホルモンバランスが崩れたせいであれば、それを元に戻すしかありません。

 

つまり、女性ホルモンがたくさん分泌されるようにすればいいのですよね。

 

まずは、食生活から見直してみましょう。女性ホルモンと同等の働きをする食材を多く摂取するよう心掛けます。
有名なのがイソフラボンやザクロエキスですよね。

 

イソフラボンなら大豆製品に多く含まれますから、味噌、醤油、豆腐、納豆、厚揚げ、日本食にはもともと多い製品ばかりです。
ザクロはジュースになっていますから購入して飲むだけです。こちらは厚労省の推奨量が1日30mgで、上限値が70〜75mgです。

 

これ以上だと、癌になる可能性が高くなりますので、気をつけましょう。
次に、アルコールと喫煙はなるべく控えましょう。できればこの機会に止めてしまった方がいいかも知れません。
次は睡眠です。

 

質の良い睡眠は女性ホルモン分泌を促進しますので、気持ちの良い寝具で、清潔にしてからベッドに入り、好きなアロマ精油でも数滴たらしたら完璧ですね。
香りの粒子は小さいので血管まで入り込み、リラックス効果をちゃんと果たしてくれます。
つまり、過度なストレスを少し緩和させてくれる役割があります。

 

いかがですか?今日からでもできそうなことばかりですよね。