豆乳で女性のひげケア

豆乳で女性のひげケア

女性のひげケアでインナーケアと言えば?イソフラボン!エクオール!とすぐに答えられる女性はすでに女性のひげケアを始めているのですね。
そうです。豆乳で手軽にイソフラボンやエクオールを手軽に摂取して女性ホルモンを増やしてひげを薄くしてくれるインナーケアですよね。

 

豆乳以外でも豆腐や納豆と、大豆製品に多く含まれていますから、女性のひげケアには日本食が適しているのですね。
でも、豆乳などは手軽にイソフラボンを摂取できるために癌になる危険もあると聞いたことはありませんか?

 

厚労省推奨の1日摂取量は30mgで、上限値も70〜75mgなのです。
これって豆乳1日200ccコップ一杯ですでに推奨量を超えているのです。

 

女性ホルモンを摂取して早くひげをケアしたいからと言って、毎日1Lなど飲んでいると女性特有の疾患や、癌になるリスクが高まるそうです。
豆乳ばかりでなく、納豆や豆腐、味噌、醤油などでバランスよく女性ホルモンと同等の成分を摂取したいですよね。

 

でも、なぜ女性がひげをそんなに気にしなくてはいけないの?という素朴な疑問が湧いてきませんか?
それは、女性が男性と平等に社会で活躍するようになり、家事・育児に加え、仕事のストレス、パワハラなどでホルモンバランスを崩してしまっているからです。
つまり、ホルモンバランスが崩れるということは、いままで女性ホルモンが男性ホルモンより優位で、絶妙なバランスだったのが、そうでなくなったのです。

 

だからといって、男性ホルモンを抑えるよう食生活はやめましょう。
それよりも、過度のストレスで崩れてしまったホルモンバランスを元にもどす=女性ホルモンを優位にする。ことを考えてみましょう。

 

まずは、女性のひげの一番の要因は女性ホルモン減少ですので、食事できちんと女性ホルモン様の成分が含まれているものを食べましょう。
もちろん上記のようにお手軽だからといって、豆乳のがぶ飲みだけはやめてくださいね。

 

次にストレスを発散させます。
これは個人差がありますので、何が一番自分のストレスになっているのかを考えて少しずつ取り除いてあげることなのです。

 

次は睡眠の質と量です。最低でも6時間は就寝しましょう。
就寝してから3時間で肌を綺麗にしてくれるお肌修復や、女性ホルモンが分泌されるそうです。

 

心地よい眠りにつけるように、その前準備をしっかりしてくださいね。飲酒・喫煙は女性ホルモンバランスを崩してしまう以前の問題だと思いませんか?

 

健康を害するだけですので、ひげのためだと思ってこの機会に止めてしまうのもいいかもしれませんよ!

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?