女性のヒゲをはさみで処理?

女性のヒゲをはさみで処理?

女性のヒゲをはさみで処理しているなんて聞いたことがありますか?
男性ならヒゲ用のはさみで形を整えるというのは聞いたことがありますが、女性でヒゲをはさみでなんて、怖すぎませんか?

 

長いヒゲが生えてしまったから、数本だからはさみで切ってしまったなどはあると思います。
でも、女性の鼻の下の皮膚はデリケート、たとえ長いヒゲでもはさみで処理するなんてことは絶対にやめておきましょうね。

 

女性でも、友人や職場の同僚と話をしていて相手の顔のヒゲが気になったことのある人も多いのではないでしょうか。

 

いくらファッションやメイクを頑張っていても、薄くヒゲが生えていたり、鼻毛が1本でも出ていたりいれば台無しになってしまいます。
というか「ぷぷぷっ!」っと、笑ってしまいますよね。

 

顔は常に周りの視線にさらされるので、普段からヒゲ処理をしていなければ、恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。
だから、メイクするときには横からも上からも見て、産毛、ひげ、鼻毛、ひたいなど全部をチェックしてくださいね。

 

女性は大変ですよね。仕事もしなくてはいけない、メイクも必要で、家事も育児もとなると、産毛がヒゲになっても全然おかしくないと思いますよ。
一番お手軽で安全なので、電気シェーバーによる方法です。

 

カミソリとはちょっと違って、肌への刺激は少ないですから、黒ずみの原因になったり、カミソリ負したりする可能性もぐっと低くなります。
それと併用して、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションを使うことで、ヒゲが段々薄くなるそうです。

 

「イソフラボン」という女性ホルモンと似た働きをする成分が主に含まれており、痛みや炎症が起きる心配もなく安全にヒゲケアができます。

 

抑毛クリームやローションは効果が現れるまで時間がかかるうえ、効果の大きさにも個人差があるのが気になるところですが、リスクはゼロです。
「カミソリや毛抜きで肌を傷つけたくない!」という人。「他に何か一緒できることはないの?」と探している人にはおすすめですよ。

 

それから、最後の砦として取っておいて欲しいのが、医療脱毛(永久脱毛)ですが、その前に生活習慣を見直すという方法もあります。
質の高い、6時間以上の睡眠を毎日とって、お肌がぷるぷるなり、女性ホルモンが分泌されるように身体をいたわってあげてください。
ヒゲの生える原因ともなっているストレスの発散は必ず効果があると思います。

 

人それぞれの方法があるでしょうから、オフィスでも通勤でも週末でも、自分に合ったストレス発散方法を見つけてくださいね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?