鼻の下の産毛には剃刀を使うのが

鼻の下の産毛には剃刀を使うのが

鼻の下の産毛はなかなか難しい処理をすることになりますがやはり、もっとも簡単にできることは剃刀になります。剃刀というのは、間違いなく肌に対する負担になるでしょうが、そのときにしっかりとシェービングクリームを使うようにしましょう。

 

そうすればかなり肌の負担を軽くすることができるようになります。後は電気シェーバーを使う、ということもよいことになるでしょう。言うまでもありませんが、まずはなんといっても剃刀が一つの選択肢になるのですがこのときに剃刀もしっかりと選び抜く必要性があるのです。

 

具体的にいえば五枚刃というのがよいでしょう。こうしますとかなり負担を抑えられるようになります。後はもう、脱毛クリニックにいく、ということもありでしょう。どうしてもお金がかかることになります。

 

ですが、それでもその後、大して手間がかからない、ということになりますから、実は時間的なメリットがあるのです。そうしたことをまずは理解しておくべきでしょう。そうすることによって、綺麗にすることができるようになっています。

 

鼻の下というのは、弱いのですからこれは注意することです。上手くできればまず間違いなく美容によいことにはなるでしょう。

 

 

毎週末の拷問ならぬ剛毛

思春期真っ盛りの中学時代から段々と育ち始めた鼻の下の産毛…。中学時代はあまり気にならなかったのですが、高校生になると立派に育った鼻の下の産毛が気になるようになりました。

 

毎回お風呂に入るときに剃ってはみるものの、剃るたび剃るたび濃くなっていくようで段々と剃るのも怖くなりそのまま伸ばしてしまうことも増えました。ただ、そのまま生やしていると友達に「何か鼻の下が黒くない?」とか「ひげ生えてるみたいだね!」と言われる始末…。

 

どうにかこの鼻の下の産毛を濃くすることなくきれいさっぱり無くしてしまうことはできないのか!と考え編み出したのが鼻の下の産毛を一つ一つ抜いていくことでした。一度抜いてさえしまえば一週間ほどは生えてこないしその分濃くなることはないだろうと編み出しました。

 

しかし、何分一つ一つ抜いていくことがまぁ大変。全部の産毛を抜き綺麗な鼻の下になるには最低でも二時間毛を抜き続けなければならない日々。毎週二時間以上一人で毛を抜く時間を作らなければいけませんし、そんな時間毛抜きを使って作業をしていると段々指に立派なタコも出来るように…。

 

さらに立派な鼻の下の毛を抜くのですから当然皮膚も引っ張られ綺麗な鼻の下になる頃には鼻の下が真っ赤に腫れ上がることに。それでも、抜かなければぼうぼうに生えてくるので毛抜きが手放せない生活をもう十年間も続けているのです。