お手入れが面倒な鼻の下の産毛

お手入れが面倒な鼻の下の産毛

歳も30半ばになり、友人と集う時には健康の話、美容の話、生活の話など身近なことが話題の中心になってきました。特に20代のころは感じてこなかった体の不調や老いの悩みを私自身も同年代の友人も同じように抱えている現状です。

 

やはりホルモンバランスが20代の頃とは変わってきているのか睡眠が浅かったり、白髪出てきたり、体毛の濃い、薄いなどということがよく話題になります。

 

体毛のことで言えば、最近は脱毛サロンでVと脇ゾーンの脱毛を破格のお値段で永久的にしてくれるといった会社さんが多く出現しているので、私も2社程かけもちして施術してもらっています。そこまで体毛は濃い方ではないのですが、年々、スネやアゴ、そして鼻の下の産毛が濃くなってきているような気がしています。

 

こちらも脱毛をよくスタッフさんから勧められるのですが、Vと脇ゾーンの脱毛価格とは比較にならないほど、高額なのでいつもやんわりと断っている状況です。確かに剃刀で剃るのは面倒くさいし、肌にもダメージが強いので思い切って脱毛をするといいのですが。

 

イノセンスクリアセラムを使うことで、特に敏感な顔の肌にダメージの少ないようなジェルを塗って、鼻の下の産毛が薄くなるのであれば、価格も脱毛することを思えばお安いので試してみたい気持ちになりました。

 

 

鼻の下の産毛処理をしながら肌もキレイに

鼻の下の産毛の処理方法に悩んでいる女性の方は多いのではないでしょうか。大抵の場合、シェーバーやカミソリなどで自己処理をしていることと思いますが、頻繁に行っていると肌の角質がはがれてしまい、乾燥しやすくなり肌トラブルを引き起こす原因になってしまうことがあります。

 

また、毛抜きなどで1本1本抜いてしまうのも毛穴から雑菌が入り込む危険があります。ではどうすれば良いのかというと、鼻の下の産毛の処理で悩んだら、ぜひフラッシュ脱毛をおすすめします。

 

特殊な光を毛根に当てて脱毛を行うフラッシュ脱毛は、肌への負担が極力少ない脱毛方法です。その上、脱毛効果だけでなく、肌の新陳代謝を高めてくれる効果があり、脱毛しながらスキンケアをすることができる、メリットいっぱいのケア方法です。

 

自己処理を面倒に感じていたり、肌トラブルを心配しておられる方には、フラッシュ脱毛はぜひおすすめの方法です。鼻の下の産毛であれば、数回施術を受けるだけでかなり目立たなくなったり、人によっては脱毛が完了する場合あるので、非常に効率的です。

 

毎回の自己処理の面倒からも解放され、キレイな肌を手に入れることもできる、フラッシュ脱毛。鼻の下の産毛の処理でお悩みなら、ぜひ検討してみてくださいね。

 

 

加齢とともに濃くなる鼻の下の産毛はどうすれば?

あまりメイクに熱心ではない私でも必ずすることとして「顔そり」があります。

 

全体的に顔の産毛が濃いので、放置すると顔が黒ずんできてしまうのです。
カミソリで顔を剃ると「まさかこんなに!?」と思うほど、黒い産毛がどっさり取れます。

 

剃るとみるみるうちに色白になっていくのがよくわかり、どれだけ黒い顔だったのかと恐ろしくなります。
顔の中で産毛が密生するポイントがいくつかありますが「鼻の下」は第一チェックポイントです。
鼻の下の産毛は放置すると台形に黒ずんでとても目立ちます。

 

その上口角の上に長い毛が生えるので「どじょうひげ」のようになってしまいます。
不潔な印象になる上、ふざけたような変な顔に見えるので、この部分の産毛はまめにチェックして必ず剃らなければなりません。

 

加齢とともに鼻の下の産毛が濃くなっていく気がするのですが、女性ホルモンが減って男性ホルモンが活発になっている影響があるようです。
今のところ産毛対策として、一週間に一回程度顔を剃っています。

 

しかし忙しくて忘れていると、いつのまにか顔が産毛で覆われて黒っぽくなっています。
慌てて剃って、よくカミソリ負けをします。

 

外出前の時間が無いときに鼻の下を切って、鼻血のように流血しながら電車に乗った時は本当に恥ずかしくて困りました。(汗)

 

鼻の下の産毛に効果的なクリーム「ノイス」というのがあると聞きました。わずらわしい顔そりから解放されるなら、是非試してみたいです。

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?

関連ページ

鼻の下の産毛には剃刀を使うのが
鼻の下の産毛について悩みや体験談などをまとめました。同じように女性でひげで悩んでいる方はご覧ください。
鼻の下の産毛を処理した後のケアの方法とは?
鼻の下の産毛について悩みや体験談などをまとめました。同じように女性でひげで悩んでいる方はご覧ください。